電話番号
ホームに戻るご挨拶施設のご案内外来診療のご案内分娩のご案内スタッフ紹介スタッフ募集



2018-06-01
院長コラム vol.3 検査薬陽性・受診のタイミングは?

記事画像1

★妊娠検査薬で陽性になった後の受診タイミングは?

 妊娠検査薬が普及して、ご自身で調べてから産婦人科を受診される方が殆どになりました。検査薬が陽性になったら、早めの受診をお勧めしますが、早すぎる場合もあります。最近の妊娠検査薬は精度があがっており、陽性を示すのは妊娠4週直前からです。しかし、超音波検査で妊娠が確認できるのは、妊娠5週前後です。1週間のタイムラグがあります。自分が今、妊娠4週なのか、5週なのかのご自身で判断されるのは難しいと思います。たまたま早く受診された場合は、翌週の再受診が必要になります。

 一方、遅すぎてはいけません。そもそも何のために受診するかというと、妊娠反応が陽性になった方の中に、正常でない妊娠が含まれているからです。流産や異所性妊娠(子宮外妊娠)です。先ほどのことの裏を返せば、妊娠検査薬が陽性になったら、1週間後には子宮の中に胎嚢(赤ちゃんが入る袋)が超音波検査で見えてこなければいけないのです。
 
 結論を言えば、妊娠検査薬が陽性になってぴったり1週間が、私の勧める受診のタイミングです!


★母子手帳をもらうタイミングは?

 極端に早い人だと、妊娠検査薬で陽性になった途端、すなわち産婦人科の受診をする前から母子手帳を取得する人もいます。自治体(区役所、市役所)は、本人の申請があれば交付してくれるようです。また、小さい胎嚢が見えただけで取得をうながす病院や自治体もあります。しかし、初期には誰でも流産の可能性があります。母子手帳をもらってからの流産は精神的にもダメージが大きいです。

 遅すぎてもダメです。母子手帳は記載を目的としたノートですが、別冊で妊婦健診の補助券(金券)もついてきます。額面は自治体により異なりますが、妊婦健診や検査の費用の大半を賄ってくれます。初期には血液検査や子宮頸がん検診を受けなければなりません。このタイミングが遅すぎると、その後の妊娠経過に悪い影響が出ることもあります。

 当院では、胎嚢の中に赤ちゃんの心拍が確認できたら(妊娠6週以降で確認ができます)、母子手帳の取得をすすめています。
















ホームに戻るご挨拶施設のご案内外来診療のご案内分娩のご案内スタッフ紹介スタッフ募集ページトップに戻る
地図