電話番号
ホームに戻るご挨拶施設のご案内外来診療のご案内分娩のご案内スタッフ紹介スタッフ募集



2018-08-07
教えて!産婦人科 vol.5 妊娠中の食事と栄養のおはなし

記事画像1

<助産師さんに聞いてみた!妊娠中の食事と栄養のおはなし>

みなさんこんにちは、広報Mです。今回の教えて!産婦人科のテーマは、妊婦さんにとって気になる「食事と栄養のお話」です。インターネットを検索すると色々な情報が飛び交っていて、実際何が良くて何が悪いのか…と悩んでしまうこともありますよね。今回は母親教室などでみなさんから良く出る質問を、当院助産師に聞いてみました!

答えてくれたのは助産師の内山さんです。よろしくお願いします。


Q.妊娠中の食事ではどんなことに気をつければいいですか?

A.なまもの(お刺身やお寿司など)はできれば避けた方が良いですね。生ハムや、極端なことを言うと生野菜も「なまもの」に入ります。妊娠中は季節に関わらずなるべく火を通したものを食べるようにしてください。


Q.特にこれを食べたほうがいい!というオススメの食材はありますか?

A. 絶対にこれを食べた方がいい!という食材はありませんが、当院の母親教室でお話する時は、「彩りよくバランスよく食べるようにしてください」とお伝えしています。意識して副菜を多めにとるようにしていただくと良いですね。オススメは温野菜をソースやドレッシングにつけて食べるもの。ドレッシングを野菜の上からかけてしまうと、量が多くなり塩分の取りすぎになってしまいます。妊婦さんには「つけ食べ」がオススメです。


Q.食欲がないとき無理にでも食べた方がいいのでしょうか?

A. 妊娠中は色々な影響から胃腸の働きが悪くなってしまいますし、夏場など冷房の効いた部屋に長時間いることが増える時期に食べないことが続くと、体が冷えて余計に食欲がなくなる悪循環にも陥ります。
特に大事なのは朝、食欲がないときも朝食はなるべくとるようにしましょう。バナナ一本でも構いませんが、温かいものを胃に入れると胃腸の働きが活発になり、食欲を上向きにしてくれる効果もあるので、少量でも温かいものを食べられるとより良いですね。



Q.つわりで特定のものしか食べられません。赤ちゃんへの栄養が足りなくなってしまいますか?

A.赤ちゃんへの影響は心配しなくても大丈夫。つわりの間は食べられるものを食べて良いです。でも、塩分や油分が多いスナック菓子やポテトフライばかり大量に食べるのはオススメできません。適量は守って体重が増えすぎないように気をつけてください。


Q.つわりが落ち着いたら食欲が旺盛になって、たくさん食べてしまいます。甘いおやつが我慢できないのですが、どうしたらいいですか?

A.おやつを我慢すると却ってストレスになりますので、食べても大丈夫です。ただし食べ過ぎは禁物。甘いものは量を控えめに、なるべく15時までに食べるようにして、夜は食べないようにすると良いと思います。


Q.食事が取れないので、サプリメントを飲んだ方がいいでしょうか?

A.サプリメントはあくまでも補助的なものなので、食事の代わりにはなりません。注意書きを良く読んで、用法用量を守って服用するようにしてください。


以上、助産師さんに聞いてみた!妊娠中の食事と栄養のお話でした。
参考になりましたか?また次回をお楽しみに♪


記事画像2
















ホームに戻るご挨拶施設のご案内外来診療のご案内分娩のご案内スタッフ紹介スタッフ募集ページトップに戻る
地図